キーワードでさがす


●社会-地理・歴史・産業

司馬遼太郎『街道をゆく』【用語解説・詳細地図付き】

02258938
●司馬遼太郎の名作『街道をゆく』の中・高生版ガイド
『街道をゆく』を中・高生にも読みやすくわかりやすく編集したガイド。修学旅行などでなじみのある京都・近江と東京をとりあげる。脚注や解説・地図などでわかりやすい。
発行元朝日新聞出版  サイズ  対象教科国語・歴史
対象読者中学・高校・教師
定価12,744円  NDC分類916  ISBNコード978-4-02-258938-5
セット購入
近江散歩   購入
 司馬遼太郎/著
解説「私はどうにも近江が好きである」と、『街道をゆく』シリーズで、すでに足を運んだ滋賀県を再訪した司馬さん。彦根城や姉川の古戦場、安土城趾などをめぐる旅の合間に、安藤広重の浮世絵に描かれたままの、変わらないたたずまいのもぐさ店を見かけ、胸をなでおろします。バブル経済を迎えようとする1980年代初頭の日本で繰り広げられていた乱開発。その魔の手が、琵琶湖の水質汚染を招いていることを目にし、旅の終盤では日本の行く末を憂う言葉が散見されるようになります。
発行元朝日新聞出版  定価1,728円  サイズA5 208頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251350-2
奈良散歩   購入
 司馬遼太郎/著
解説春浅い東大寺を訪れた司馬さんの目的は千年以上つづくお水取り(修二会(しゅにえ))を見学することでした。藤原鎌足の墓所がある多武峯(とうのみね)、藤原氏の氏寺として栄えた興福寺など、時の権力者の意向で翻弄された歴史を持つ寺社仏閣を訪れたあとに、気が遠くなるほどに何ひとつ変わらない伝統行事に触れ「この世にはうつろわぬものがあるという安堵感」があると述懐し、文明や文化のあり方について思索を深めていくようすを感じられます。
発行元朝日新聞出版  定価1,512円  サイズA5 184頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251351-9
本所深川散歩   購入
 司馬遼太郎/著
解説東大阪在住の司馬さんが、「とりあえずは江戸っ子の産地じゃないか」と思い、訪ねることにしたのは本所深川でした。川並(筏師(いかだし))や鳶の頭(かしら)に話を聞き、本所の町家が舞台の「文七(ぶんしち)元結(もつとい)」、この辺りで江戸時代に盛んに行われていた「大山詣(おおやままい)り」、富岡八幡宮が登場する「富久(とみきゅう)」といった古典落語を枕に名所を訪ね歩きます。三遊亭園朝や三代目柳家小さんなど明治時代に活躍した落語家たちに触れたあとには、夏目漱石、芥川龍之介ら明治の文豪たちにまで話が及んでいきます。
発行元朝日新聞出版  定価1,512円  サイズA5 160頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251352-6
神田界隈   購入
 司馬遼太郎/著
解説「古本屋さんと出版社と、それに付随する印刷屋のまち」神田。江戸時代は火事を避けるための野っ原(=火除地(ひよけち))だったこの町は、時代が転換したことで、近代日本の知性を支える学生街へと変貌していきます。福沢諭吉、森鴎外、夏目漱石、正岡子規、岩波書店の創業者である岩波茂雄、そして司馬さんが敬愛する古書店の店主たち……。この街に住み、かかわった人びとの足跡をたどり、近代日本の知性の源泉に迫ります。
発行元朝日新聞出版  定価1,944円  サイズA5 288頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251353-3
叡山の諸道I   購入
 司馬遼太郎/著
解説4年に1度行われる天台宗の宗教行事「法華大会」。20代の頃から見たいと思い続けてきたその秘儀に触れる機会を得た司馬さん。坊跡が点在する滋賀県大津市坂本の町並みに触れ、京都府にある延暦寺ゆかりの赤山禅院、そして曼殊院門跡の魅力を紹介しながら、少しずつ本丸・比叡山に近づいていきます。最澄が日本天台宗を開いてから1200年。歴史と伝統を誇り、世界遺産にも登録されている「叡山」の魅力とはいったいどこにあるのでしょうか。
発行元朝日新聞出版  定価1,512円  サイズA5 144頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251354-0
叡山の諸道II   購入
 司馬遼太郎/著
解説司馬遼太郎のライフワーク「街道をゆく」の全文にあわせ、詳細な用語解説と地図や図版などを掲載。司馬作品に出合う、最初のきっかけに。「叡山の諸道II」は最澄が開いた天台宗の総本山・比叡山延暦寺への登り口を訪ね、叡山の歴史を巡る。
発行元朝日新聞出版  定価1,512円  サイズA5 144頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251355-7
本郷界隈I   購入
 司馬遼太郎/著
解説司馬遼太郎のライフワーク「街道をゆく」の全文にあわせ、詳細な用語解説と地図や図版などを掲載。司馬作品に出合う、最初のきっかけに。「本郷界隈I」では、東京大学のお膝元である本郷を巡りながら、文明開化していく明治日本に思いを馳せる。
発行元朝日新聞出版  定価1,512円  サイズA5 160頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251356-4
本郷界隈II   購入
 司馬遼太郎/著
解説司馬遼太郎のライフワーク「街道をゆく」の全文にあわせ、詳細な用語解説と地図や図版などを掲載。司馬作品に出合う、最初のきっかけに。「本郷界隈II」では夏目漱石、森鴎外、樋口一葉ら、本郷の街を愛した文豪が書き残した風景を訪ねてゆく。
発行元朝日新聞出版  定価1,512円  サイズA5 175頁
NDC分類916  ISBNコード978-4-02-251357-1